光,ADSL対応インターネット プロバイダ。他社インターネット プロバイダからの乗り換えユーザーから高い評価を頂いているプロバイダです。
インターネット接続サービス プロバイダ 光インターネット プロバイダのオープンサーキットHOME インターネット プロバイダ 会社概要 インターネット プロバイダのサイトマップ Bフレッツ、光プレミアム、光ネクスト、フレッツADSLインターネット接続サービス、ホスティングサービスのお問い合わせはまずこちらへ 
IPv4 over IPv6接続コース 一般向け料金表 プロ向け料金表  プロバイダ申込手順  キャンペーン情報

プロバイダのオープンサーキットTOP > インターネット接続 > 各種設定> YAMAHAルータでの v6Neo ポート開放設定方法

YAMAHAルータでの v6Neo ポート開放設定方法 WebGUI 利用での設定方法

 本ページにて、YAMAHAルータでWebGUIを使ったv6Neo、又は、v6Direct/固定IP1設定をされた後、ポート開放設定をする場合の説明です。
(2020/07/18最終更新)

 下記の手順は

RTX830 でのv6Neo設定
又は
RTX830 でのv6Direct/固定IP1設定

で設定されたRTX830RTX1210NVR510において、WebGUIログイン後のポート開放手順を示した物です。

 下記は内容の正確性について保証するものでは御座いませんので参考としてご利用下さい。

1)利用可能ポートの確認(v6Neoのみ)

 v6Directについては利用可能ポートに制限が無いため、利用可能ポートの確認作業は不要です。
 次の2)WebGUIによるポート開放設定から作業を行って下さい。

 v6Neoの場合は、下図の様にWeb GUIにログインしたのち、

(1)「管理」を選択
(2)「保守」を選択
(3)「コマンド実行」を選択し
(4)「コマンド入力」欄に

show nat descriptor address all

を入力した後に
(5)「実行」ボタンを押して下さい。

コマンド実行

 実行結果は、ページ末の「コマンド実行ログ」欄に下記の様に表示されます。
 下図の赤枠の上にある、黒塗り潰しとなっている部分で外部IPアドレスが表示されます。
 下図の赤枠部分に「ポート範囲」として、利用可能ポートが確認できます。
 ここに表示されたポートのみ、ポート開放可能なため、この情報をカットアンドペースト、 「テキストファイルで取得」等で、保管しておいて下さい。

利用可能ポート確認

 上記で表示されたポート以外のポート開放を行いたい場合、v6Direct/固定IP1コースにアップグレードをご検討下さい。
 アップグレードについては、IPoE追加申込みをして頂くことで、支払い後、30分以内くらいにv6Drect/固定IP1コースに変更が可能です(お客様のルータをv6Direct設定に変更する必要が有ります。)。
 v6Direct/固定IP1なら一般的なPPPoE接続の時と同じように、80番ポートなどの任意なポート開放が可能です。

2)WebGUIでのポート開放設定

 ポート開放設定画面に移動するために、下図の様に

(1)「詳細設定」を選択
(2)「NAT」を選択
(3)「NATディスクリプター一覧」の右端にある「設定」を選択して下さい。

NATディスクリプターの設定へ

 表示されたページの最後に
(1)「静的IPマスカレードの設定」が有るのでその左にある三角部分を選択して、設定を展開して下さい。
(2) 部分に、ポート開放に必要な情報を入力します。★具体的な数値は下図の下にて説明
(3) もし、複数のポート開放設定する場合は「+」部分で行を増やして(2)と同じように入力します。

静的IPマスカレードの設定

 上記(2)で入力する値のサンプルとして、例えば、

ポート公開設定項目 値/補足
対象プロトコル TCP
公開対象ポート 5551
割り当てられたポート内のいずれか
宛先アドレス
192.168.100.2
★内部アドレスは固定しておいて下さい
宛先ポート 8887

だった場合、(2)の欄には上図のように

設定項目 値/補足
識別番号 1
こちらは特に何でも良いのですが1から順番に付けると良いでしょう
内側アドレス 192.168.100.2
プロトコル tcp
ポート番号 5551=8887

と入力して下さい。

 「ポート番号」欄には、「[外部ポート]=[内部ポート]」の書式で入力して下さい。
 もし、インターネット側外部ポートと、転送先内部IPのポートが同じで、例えば「5551」で有れば、ポート番号欄は 「5551」とポート番号のみ設定して下さい。

 ポート開放の設定を入力し終えたら、最後に

(4)「確認」ボタンを押して下さい。

 下図の様に「静的IPフィルタの設定更新」という画面になるので、静的IPフィルタも更新するため、

「はい」

を押して下さい。

静的IPフィルタの設定更新確認

 最後に下図の確認画面が表示され、内容に問題無ければ「設定確定」ボタンを押して設定完了です。

設定確認と確定

 ポート開放が正しく動いているか、お客様自身で外部からアクセスして動作確認を行って下さい。

3)補足案内

 WebGUIで設定可能ですが、CLIを併用すると不整合が起きる場合があります。
 WebGUIで設定される場合は、WebGUIのみで設定する様にして下さい。
 最終的な設定は内部config状況を確認することで可能なため、設定後に意図した設定になっているか確認することをお勧めします。

ページトップへ




一般第二種電気通信事業
F-10-281


速度改善コース↓


速度を快適に、v6Neo/v6Direct