光,ADSL対応インターネット プロバイダ。他社インターネット プロバイダからの乗り換えユーザーから高い評価を頂いているプロバイダです。
インターネット接続サービス プロバイダ 光インターネット プロバイダのオープンサーキットHOME インターネット プロバイダ 会社概要 インターネット プロバイダのサイトマップ Bフレッツ、光プレミアム、光ネクスト、フレッツADSLインターネット接続サービス、ホスティングサービスのお問い合わせはまずこちらへ 
IPv4 over IPv6接続コース 一般向け料金表 プロ向け料金表  プロバイダ申込手順  キャンペーン情報

プロバイダのオープンサーキットTOP > インターネット接続 > 各種設定> v6Direct 緊急時経路再設定URL

v6Direct 緊急時経路再設定URLについて 通信断時間最小化

 v6DirectはIPoEによるIPv6サービスであり、こちらのサービスはIPv6プレフィクスについては半固定のサービスとなります。
 NTT都合の工事等により、利用中にIPv6アドレスが変更になる場合があり、IPv6アドレスが変わることで、IPv6のトンネルで形成されている、IPv4通信がダウンしてしまいます。
 通常は、お客様宅内のIPv6アドレスが変更になる際に、NTTよりプロバイダ側にIPv6アドレス変更通知が来ることで速やかにIPv4通信についても復旧しますが、NTTのその他のメンテナンスなどにより、プロバイダへの通知が遅延する場合があり、その場合、IPv4通信ダウン時間も長くなる場合が御座います。
 このような状況になった場合、お客様宅内の配布済IPv6アドレスを持つ機器から、弊社通知の「緊急時経路再設定URL」へアクセス頂くことで、プロバイダ側に直接ご利用中のIPv6アドレス情報を頂くことでIPv4経路の再設定を行うことで、数分程度で復旧させることが可能です。

 半固定ではありますが、頻繁に起こるものでは無い為、お客様の用途により利用が必要だと判断された場合のみ、お客様にてご利用頂ければと思います。通常利用の場合には、特に気にしなくても問題無いと思われます。

1)HGW利用の場合

 NTTレンタルのHGWご利用の場合には、IPv6プレフィックスに変更が生じた場合で、長時間のIPv4ダウンとなった場合は、弊社通知の「緊急時経路再設定URL」にアクセスして復旧を行うことが出来ます。

2)高機能なルータをご利用の場合

 YAMAHAなどの高機能なルータを利用されている場合には、IPv6のプレフィックス変化を検出して、自動で「緊急時経路再設定URL」にアクセスに行き、IPv4ダウン時間を最小化させる動作をすることが可能です。
 設定等が複雑になることもあり、ご自分で設定出来る場合にはご利用頂くことをお勧め致しますが、難しいと判断される場合、設定は不要です。
 YAMAHAルータの場合の場合については、「緊急時経路再設定URL」のYAMAHAルータ設定方法で紹介させて頂きましたので参考として下さい。

ページトップへ




一般第二種電気通信事業
F-10-281
KDDI代理店
1019697000


モバイル
オープンサーキットのモバイルサイトへ