光,ADSL対応インターネット プロバイダ。他社インターネット プロバイダからの乗り換えユーザーから高い評価を頂いているプロバイダです。
 
インターネット接続サービス プロバイダ 光インターネット プロバイダのオープンサーキットHOME インターネット プロバイダ 会社概要 インターネット プロバイダのサイトマップ Bフレッツ、光プレミアム、光ネクスト、フレッツADSLインターネット接続サービス、ホスティングサービスのお問い合わせはまずこちらへ 
インターネットプロバイダトップページ 一般向け料金表 プロ向け料金表  プロバイダ申込手順  キャンペーン情報

プロバイダのオープンサーキットTOP > インターネット接続 > 各種設定> Outlook ExpressのOP25B設定

Outlook Express のOP25B サブミッション(587ポート)設定

Windowsユーザーでよく使われているOutlookExpressでのOP25B対策のサブミッションポートである587ポートを利用するための設定方法です。

下記を参考に設定してください。
他の、ソフトでも基本は同じですので参考にして設定下さい。

1)Outlook Expressの起動

「スタート」メニューから電子メールソフト「Outlook Express」を起動させてください。

Outlook Express起動

2)電子メールアカウント設定開始

Outlook Expressの起動後、ツールバーから「ツール(T)」→「アカウント(A)」を選択してください。

OutlookExpressの電子メールアカウントメニューを選択

3)「インターネットアカウント」画面

「インターネット アカウント」の画面で、[メール]タブを選択し、
追加されたアカウントを選択の上、右の[プロパティ]ボタンをクリックします。

メールアカウントのプロバティ設定

4)「インターネットアカウントのプロバティ」画面/サーバー

[サーバー]タブを選択し、「送信メールサーバー」の欄の「このサーバーは認証が必要(V)」にチェックを入れてください。

●このチェックは、SMTP認証というシステムを使用することを意味します。本チェックを付けない場合、POP before SMTPのみの動作となるため、最初の送受信時にエラーになります(2回目以降は問題なく送受信出来ます)。従って、OutlookExpressご利用のユーザー様で違和感なくお使いいただくにはSMTP認証のご利用を推奨いたします。

OutlookExpressでSMTP認証を利用する

5)「インターネットアカウントのプロバティ」画面/詳細設定

[詳細設定]タブを選択し、「送信メール(SMTP)(O)」のポート番号を「587」に設定します。

●弊社の提供するメールサービスでは、OutlookExpressのメール送信時にSSL(465ポートのみ動作)を使うことも可能です。メール受信時のPOP3でもSSLの利用が可能です。他のメールソフトでは587でのSSLも利用可能です。

OutlookExpressの送信時、サブミッションポート587を利用する

今お使いのメールはいかがですか?

高機能メールサービスもセットになったオープンサーキットの
インターネット接続サービスがお勧めです

あなたにあったサービスがきっとあるはず
プロバイダのトップページからご確認下さい

ページトップへ




一般第二種電気通信事業
F-10-281
KDDI代理店
1019697000


モバイル
オープンサーキットのモバイルサイトへ