光,ADSL対応インターネット プロバイダ。他社インターネット プロバイダからの乗り換えユーザーから高い評価を頂いているプロバイダです。
 
インターネット接続サービス プロバイダ 光インターネット プロバイダのオープンサーキットHOME インターネット プロバイダ 会社概要 インターネット プロバイダのサイトマップ Bフレッツ、光プレミアム、光ネクスト、フレッツADSLインターネット接続サービス、ホスティングサービスのお問い合わせはまずこちらへ 
インターネットプロバイダトップページ 一般向け料金表 プロ向け料金表  プロバイダ申込手順  キャンペーン情報

プロバイダのオープンサーキットTOP > インターネット接続 > IPv6 PPPoE接続情報

IPv6 PPPoE接続情報 IPv6 PPPoE設定をはじめる前に

 下記に、弊社で提供するIPv6 PPPoEによるIPv6インターネット接続に関する情報をご案内致します。

1)IPv6 PPPoE対象フレッツ回線

対象フレッツサービス 提供元
フレッツ光ネクストビジネスタイプ NTT東日本
/西日本
フレッツ光ネクストファミリータイプ
フレッツ光ネクストマンションタイプ
NTT東日本
/西日本
フレッツ光ネクストファミリーハイスピードタイプ
フレッツ光ネクストマンションハイスピードタイプ
NTT東日本
/西日本
フレッツ光ライトファミリータイプ
フレッツ光ライトマンションタイプ
NTT東日本
/西日本
フレッツ光ネクストプライオ 1
フレッツ光ネクストプライオ 10
NTT東日本
フレッツ光ネクスト
ギガマンション・スマートタイプ
マンション・ギガラインタイプ
NTT東日本
フレッツ光ネクスト
ギガファミリー・スマートタイプ
ファミリー・ギガラインタイプ
NTT東日本
フレッツ光ネクストマンション
スーパーハイスピードタイプ隼
NTT西日本
フレッツ光ネクストファミリー
スーパーハイスピードタイプ隼
NTT西日本

※IPv6 PPPoE接続にはフレッツのPPPoEのセッション空きが1つ必要となります。

 上記回線を利用した、弊社インターネット接続サービス(一般向け、プロ向け全て)が対象となります。
 IPv6 PPPoEを追加利用するにあたり、追加料金は不要です。

2)IPv6 PPPoE設定情報について

 IPv6 PPPoE接続用アカウントはIPv4で通知のアカウントの「@」と次の「.」間 の文字の最後に「6」をつけたものとなります。

弊社から通知のPPPoE用の接続アカウントが

 aa@xx.open-circuit.ne.jp

の場合には、IPv6用のアカウントは

 aa@xx6.open-circuit.ne.jp

となります。接続パスワードはIPv4のものと同じです。

 上記アカウントとパスワードを、IPv6 PPPoE設定可能な機器で、IPv6 PPPoE設定の

接続先ユーザー名(接続ID)
接続先パスワード

に設定してご利用下さい。

3)IPv6 PPPoE仕様、制限について

 割り当てられる/56のIPv6アドレスは固定です。

 お客様の接続アカウントが変わらない限り同じなので、IPv6の固定IPとしてVPN等の拠点間通信に利用可能です。(但し、 NTT東西をまたぐ移動/転居があった場合は引き継ぎ出来ず契約自体の再加入が必要となりますのでご注意下さい。)

4)PPPoE利用セッション数について

 上記IPv6 PPPoE利用にあたり、フレッツのPPPoEセッションを1つ消費します。
 フレッツには標準で提供されるPPPoEセッションが定められており、ファミリーやマンションタイプの場合2つとなっています。
 すでにIPv4のPPPoE接続で1つ使っていても、1つ残りが有る場合、上記IPv6 PPPoEを使うことは可能です(2つのPPPoEセッションをIPv4 PPPoEとIPv6 PPPoEで利用)。

 弊社以外の他のプロバイダをIPv4のPPPoE利用されていたり、フレッツスクエアなどの利用にPPPoEセッションを利用されている場合で、IPv6 PPPoE接続に必要なセッションに空きが無い場合は、接続できません。
 不要なPPPoEセッションを切断して頂くか、恒久的に3つ以上のPPPoEセッション接続が必要な場合にはNTTのセッションプラスという、オプションを申し込むことで同時利用可能なPPPoEセッション数を増やすことが可能ですので、必要な場合はNTTにお申し込み頂いた上で、IPv6 PPPoE利用して下さい。

 参考情報)
NTT東日本:セッションプラス
NTT西日本:セッションプラス

5)対応機器について

 IPv6 PPPoE接続については、IPv6 PPPoE対応と表示された機器でも接続出来無いものが御座います。
 NTTレンタルのホームゲートウェイもIPv6 PPPoE設定の画面が存在しますが、任意のアカウントとパスワードが入力出来ない仕組みのため、弊社のIPv6 PPPoE接続については利用出来ません。
 下記にて弊社で動作確認をしている機器について示しますので参考として頂ければと思います。
 機器によっては別途DNSの設定に変更を加える必要があるものも御座います。

●弊社IPv6 PPPoE動作確認機器
グループ 情報
YAMAHAルータ IPv6 PPPoE対応となっている機種は利用可能です。
 弊社で

●RTX1210
●NVR500

について動作確認を行っております。
設定については弊社設定ページが参考となります。
掲載機種以外についても設定の参考として下さい。
NECルータ

「IPv6トンネル対応アダプタ機能」有りの機種のみが対象です。
 NECのほとんどのルータには内蔵されていないため新規購入の際にはご注意下さい。
 弊社で

●Aterm WG1800HP2

について動作確認を行っております。
設定については弊社設定ページが参考となります。

IPv6トンネル対応アダプタ  弊社で

●MA-100

について動作確認を行っております。
設定については弊社設定ページが参考となります。

×弊社IPv6 PPPoE動作確認出来なかった機器
グループ 情報
NTTレンタルルータ
ホームゲートウェイ
IPv6 PPPoE設定メニューが表示される機種でも、弊社指定の任意の接続アカウント、パスワードが入力出来ず、利用出来ません。

 尚、お客様よりIPv6 PPPoE接続に利用が出来た機器の報告があった場合には、参考情報として掲載させて頂く場合も御座います。

ページトップへ




一般第二種電気通信事業
F-10-281
KDDI代理店
1019697000


モバイル
オープンサーキットのモバイルサイトへ